毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2022.03.31

海外で13が忌み嫌われる理由


 2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は好調に推移しているが、西洋では"13"という数字が嫌われることも多い。迷信と片付けてしまうのは簡単ですが、何か根拠はあるのでしょううか。「忌み数」の秘密を調べてみました。

●西洋で"13"が嫌われる理由

 忌み数は不吉だとされる数や番号で、地域によって嫌われる数は異なります。なかでも"13"は、欧米の多くの国で忌み嫌われることから、建造物に13階がなく、12b階と呼ばれたり、一つ飛ばして14階とされる例もよく見かけます。パーティなどで集まる人数も、13人を避けるため涙ぐましい努力が払われることも多いようです。

 それほど"13"が嫌われる理由として、「数」に...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
毎日更新!4択クイズ
3/5(火)のクイズ! ホントの話
小学校の理科の問題です。
水溶液の酸性・中性・アルカリ性を確かめるリトマス試験紙。水溶液が酸性だと、何色に変わるでしょう?
正解率 : 54.5%
今日は何の日?4択クイズ
サンゴの日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせ。世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が1996年に制定。

関連記事

よく読まれている記事

1
日本は高い?自動車に関わる9つの税金
2
かゆみが「がんの予兆?」こんなかゆみには注意
3
「老後資金」を貯めることより大事なこととは?
4
味噌汁を毎日飲んでいる人は〇〇になりにくい?
5
「将棋の棋士」の年収はどのくらい?

あわせて読みたい

マイページに追加