毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2021.06.04

飲酒後の運転は何時間後にできるのか?


 政府広報オンラインのデータ(平成27年中)によると、飲酒運転における死亡事故率(事故発生時に死亡事故となる割合)は、飲酒していない場合と比べて7.8倍高いことがわかっています。2019年には航空パイロットや客室乗務員の飲酒が問題となりました。報道によれば、パイロットは乗務前24時間以内の飲酒を禁止されていたようですが、守っていなかったようです。飲酒運転の事例でも「もうお酒は抜けていると思って運転してしまった」という話もよく聞きます。これらは飲んでから時間が経ったから大丈夫だろう、という考えで問題が起こった事例です。では飲酒後、実際どれくらいの時間がたてば人はアルコールを分解できるのでしょうか...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
毎日更新!4択クイズ
2/27(火)のクイズ! ホントの話
好きな相手と両思いになった、あるいはささいな行動が気になった途端に気持ちが冷めてしまう、という現象を「○化現象」というでしょう?
正解率 : 68.2%
今日は何の日?4択クイズ
女性雑誌の日
1693年のこの日、ロンドンで世界初の女性向けの週刊誌『ザ・レディス・マーキュリー』が創刊されたことに由来。

関連記事

よく読まれている記事

1
あなたが思う「ケチ」と「節約」の違いは?
2
銀行に入れっぱなしのお金は今後どうなるのか?
3
「牛丼屋」バイト時給が一番高いのはどのチェーン?
4
一体どうなる?宝くじに当たった人の末路
5
かゆみが「がんの予兆?」こんなかゆみには注意

あわせて読みたい

マイページに追加