毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2021.02.27

同じ曲や縦読みも…世界のユニークな国歌


 スポーツの世界大会などで耳にする機会が多い国歌。特に日本の『君が代』と世界の国歌を聞き比べると、その雰囲気の違いに驚くことが多いです。

 今回は世界の国歌の中でも、成り立ちの経緯や歌詞がユニークな国歌をご紹介しましょう。

●違う国だけど同じメロディーを歌う国歌

【イギリス『女王陛下万歳』、リヒテンシュタイン『若きライン川上流に』】

 イギリス(正確にはイギリス王室属領)とリヒテンシュタインの国歌は、メロディーが同じ曲を採用しています。作曲者は不明ですが、スコットランドの民謡を元にしているという説があるようです。

実は同じ曲をドイツやロシア、スイスなどでもかつて国歌として使われていたことがあったようです...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
毎日更新!4択クイズ
5/28(火)のクイズ! ホントの話
次の国のうち、日本人が最も多く訪れた国はどれでしょう?(2016年~2020年、日本政府観光局(JNTO)統計)
正解率 : 43.4%
今日は何の日?4択クイズ
花火の日
1733年のこの日、人々の慰霊と悪病退散を祈り、水神祭りの川開きが行われたことに由来。

関連記事

よく読まれている記事

1
定年後に支払う必要のある「3つの税金」とは?
2
「老後貧乏」になりやすい人の特徴
3
スマホの「空き容量不足」を解消する方法
4
「老後に住みたい都道府県」ランキング
5
「水道水」が飲める国はたった○カ国!

あわせて読みたい

マイページに追加