毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2022.10.12

国語辞典から「消えた言葉」とは?


 新語、流行語など、新しい言葉が辞書に追加される話はよく聞きます。そうした編集の裏側でニュースにはなりませんが、辞書から削除される言葉もあるのです。今回は、国語辞書の改訂にともなう言葉の扱いに迫ってみましょう。

●2021年の改訂で約1700語が削除

 話題のきっかけは、日本テレビ系で2022/8/22に放映された『月曜から夜ふかし』。2021年末、約8年ぶりに刷新された『三省堂国語辞典』第八版で約1100語が削除されたという特集で、「着メロ」「MD」「コギャル」「伝言ダイヤル」「テレカ」「プラズマディスプレイ」「プロフ」「携番」「スペースシャトル」「タカラジェンヌ」「マイナスイオン」「垂直飛び」...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
毎日更新!4択クイズ
3/5(火)のクイズ! ホントの話
小学校の理科の問題です。
水溶液の酸性・中性・アルカリ性を確かめるリトマス試験紙。水溶液が酸性だと、何色に変わるでしょう?
正解率 : 56.1%
今日は何の日?4択クイズ
サンゴの日
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせ。世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が1996年に制定。

関連記事

よく読まれている記事

1
日本は高い?自動車に関わる9つの税金
2
かゆみが「がんの予兆?」こんなかゆみには注意
3
「老後資金」を貯めることより大事なこととは?
4
味噌汁を毎日飲んでいる人は〇〇になりにくい?
5
「将棋の棋士」の年収はどのくらい?

あわせて読みたい

マイページに追加