良質な睡眠をサポートする5つの食べ物


【睡眠・美容/モデルプレス=2月11日】眠りたいのになかなかぐっすり眠れない、寝付きが悪いといったお悩みをお持ちの方もいますよね。そんな悩みは食べ物を工夫することで、改善に近づきますよ。今回は、そんな眠りをアシストしてくれる、バナナや発芽玄米などの食べ物をご紹介します。
良質な睡眠をサポートする5つの食べ物(Photo by asife/Fotolia)
良質な睡眠をサポートする5つの食べ物(Photo by asife/Fotolia)
◆納豆

快眠効果のあるトリプトファンもギャバも摂取できる納豆。さらに、これらの成分に加えて精神を安定させてくれるビタミンB群も豊富で、まさに快眠にはうってつけの食材といえます。納豆は快眠効果だけでなく、美容効果も高いので、1日1パックを目安に摂取したいですね。

◆レバー

レバーに多く含まれている鉄分は、寝ている間に代謝を促し、深い眠りへと導いてくれます。また、トリプトファン、ビタミンB群も摂取できるので、意識して食べるよう心がけてみてください。

◆バナナ

スーパーなどで安価で手に入るバナナには、快眠を促す働きのあるトリプトファンが含まれています。また、消化も良く胃に負担をかけないので、夕食後のデザートに食べるといいですよ。

◆ホットミルク

ぐっすり眠ろう…(Photo by lekcej/Fotolia)
ぐっすり眠ろう…(Photo by lekcej/Fotolia)
イライラしてなかなか寝つけない夜はハチミツをいれて温めたホットミルクを飲んでみて。牛乳に入っているカルシウムが高ぶる神経を緩和してくれます。ハチミツにはトリプトファンも含まれていますので、より高い効果を発揮してくれます。

◆発芽玄米

発芽玄米に含まれているギャバにはリラックス作用があり、快眠に良い効果をもたらしてくれます。まずは白米を発芽玄米に変えてみるのはいかかがでしょうか?眠りにつく前の不安な気持ちを解消してくれます。

いかがでしたか。快眠にいい食べ物って案外身近で手に入る物ばかりなんです。普段からの食事にこれらの食材を取り入れてみてください。きっといい眠りにつけるはずですよ。(modelpress編集部)

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加