timelesz菊池風磨、国内バスケ最高峰「Bリーグファイナル」生中継ゲストに決定


【モデルプレス=2024/05/24】timeleszの菊池風磨が、25日に日本テレビ系列全国ネットで生中継、Huluにて生配信される「バスケットボールBリーグファイナル第1戦 琉球ゴールデンキングス×広島ドラゴンフライズ」(11時55分~14時※延長あり)にゲスト出演することが決定。続けて、「パリまで2か月!男子バスケットボール日本代表応援SP」(14時~14時30分※延長次第で番組休止あり)にも生出演する。

菊池風磨(提供写真)
菊池風磨(提供写真)
◆菊池風磨「Bリーグファイナル」生中継ゲスト決定

Bリーグ対戦カード(C)B.League
Bリーグ対戦カード(C)B.League
昨年のワールドカップで活躍し、48年ぶりに自力での五輪出場権を獲得、世界にその実力を見せつけた日本の男子バスケットボール。その空前の盛り上がりを受けて、白熱の戦いを繰り広げてきた国内バスケットボール最高峰Bリーグの頂点を決める最終決戦、Bリーグファイナル2023-24。

3年連続でファイナル進出を果たした昨シーズンの王者、琉球「キングス」対「勝ちじゃけー!」を合い言葉にチーム初のファイナル進出に沸く広島「ドラフラ」の戦い。今シーズン「日本一の称号」を賭けた大事な第1戦の中継ゲストとしてバスケットボール経験者である菊池と、ワールドカップで活躍した日本代表の馬場雄大選手の出演が決定した。

馬場雄大選手(C)JBA
馬場雄大選手(C)JBA
今回ファイナルで激突するのは西地区2位の琉球ゴールデンキングス(沖縄)と西地区3位の広島ドラゴンフライズ。琉球は、昨シーズンのファイナルではオーバータイムに突入する接戦の末に千葉ジェッツに勝利し、初のB1リーグ王者に輝き、今回はディフェンディングチャンピオンとして、アルバルク東京に続き史上2チーム目となる連覇を目指す。

一方の広島は、B1昇格4シーズン目、ワイルドカード1位でチャンピオンシップに進出。地区優勝の三遠、名古屋Dの2チームに勝利し2度目の挑戦で初のファイナルへと勝ち進み、「ファイナルも勝ちじゃけー!」の雄叫びをあげて、5チーム目のB1王者誕生を目指す。

中継の解説は、バスケ界のレジェンド、そして今シーズン東地区1位でBリーグチャンピオンシップに進出した宇都宮ブレックスの田臥勇太選手が担当。田臥選手ならではの鋭い洞察力と選手目線を活かした分かりやすい解説に注目が集まる。

菊池は「中学生の頃、バスケットボール部に入っていました。バスケットボールにはカッコいいイメージがあって、モテると思ったからです。笑そんな動機の入部でしたが、実際にバスケットボールに触れ、仲間とプレーした時間は、バスケットボールの楽しさや魅力に心躍る毎日で、僕はシュートを決めるよりも、身長が高い選手を相手にフェイントでかわす瞬間が好きでした」と当時を回顧。

「芸能活動をはじめた今でも、日本代表の試合を一視聴者としてテレビ観戦させていただいておりましたが、今回、Bリーグの試合を初めて会場で見る機会をいただけることになりました。バスケットボールファンの1人として、会場の興奮や選手たちの凄さ、プレーの迫力をお届けし、この中継を通じてバスケットボールに興味を持ってくれる方が少しでも増えたらうれしいです。そして、当日は、去年のワールドカップ日本代表の馬場雄大選手とご一緒させて頂けるので、今から興奮しています!」とコメントを寄せた。

◆八村塁選手・富永啓生選手らに密着

また、試合会場から生放送で放送される「パリまで2か月!男子バスケットボール日本代表応援SP」には引き続き、菊池と馬場選手の2人がゲストとして生出演。馬場選手がパリ五輪へ向けてW杯後に進化した攻撃力をつけるために行っている意外な練習を紹介する。

NBAレイカーズで今シーズン活躍し東京五輪以来3年ぶりに日本代表に合流予定の八村塁選手。そしてNBA入りを目指してアメリカのネブラスカ大学に進学し、わずか20人しか選ばれないNCAA1部のオールスター戦に選出されて得意の「ディープスリー」が現地でも絶賛された富永啓生選手の密着映像を含む特集VTRなどを見ながら、レジェンド田臥選手が日本代表の凄さを生解説する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加