アンジュルム、全員で「CanCam」1年ぶり登場 佐々木莉佳子卒業直前に集結


【モデルプレス=2024/05/21】ハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムが、5月23日発売の雑誌「CanCam」(小学館)に登場。本誌に全員での登場は1年ぶりとなる。

アンジュルム(画像提供:小学館)
アンジュルム(画像提供:小学館)
◆アンジュルム、全員で「CanCam」登場

「佐々木さんって自分をちゃんと愛してあげている人なので、その分他の人にもすごく優しいんです」(上國料萌衣)、「首を痛めたとき、ライブを休むかどうか聞かれて『絶対に出ます。今日しか来られない方もいると思うので』と即答されていました。公演中も、そんな素振りも見せずなんてカッコいいんだ…と感動!」(為永幸音)。

今号は、佐々木莉佳子の卒業直前SPECIAL。約9年半グループに所属した佐々木の卒業を記念して、1年ぶりにメンバーが全員そろって登場する。

佐々木の卒業するその日まで、残り数少ない集合カット。衣装は、佐々木のメンバーカラーであるイエローをアクセントに白×黄で統一。ユニットカットでは6月4日発売の卒業記念フォトブック『girasol』(ヒラソル)の由来で、本人の1番好きな花だというひまわりも持ち、佐々木の好きなもの尽くしの7Pで届ける。

上國料萌衣、佐々木莉佳子、川村文乃(画像提供:小学館)
上國料萌衣、佐々木莉佳子、川村文乃(画像提供:小学館)
◆アンジュルム、仲良しすぎる撮影裏側

インタビューページでは、「莉佳子with○○」と、佐々木以外のメンバーが数チームに分かれて対談。姉組の上國料×川村文乃との3ショットから、佐々木が末っ子組の下井谷幸穂×後藤花を大をらかに包み込むエモいカットまで。「1年前と比べて変わったこと」「莉佳子はアンジュルムにとってどんな存在?」など、グループのこれまでとこれからを感じるクロストークも掲載している。

また、仲の良さも同グループの魅力の1つ。現場入り後、まずは上國料がFURFURとのコラボレーションで作ったTシャツやトートバッグを使っているメンバーが複数人いてひと盛り上がり。さらに伊勢鈴蘭のインタビュー中、佐々木の話をしているときに本人が通りがかると「うちの話~!?」(ちょっかいをかける)、「どうであろう~!」(伊勢)、「も~!(投げキッス)」(佐々木)と、そこから投げキッスをし合う2人の姿も。他のメンバーの撮影中にモニター前で見学し合って「かわいい~!」と言いながら互いの撮影風景オフショットを撮るなど、仲良しな様子を見せていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加