脚の疲れや飛行機の乾燥!旅行疲れを残さないアフターケア


【美容/モデルプレス】旅行後の脚の疲れ、むくみ、肌疲れは今すぐ撃退!1分でも早くアフターケアすることでキレイを維持しちゃいましょう。

脚の疲れや飛行機の乾燥!旅行疲れを残さないアフターケア(photo by Kalim/Fotolia)
脚の疲れや飛行機の乾燥!旅行疲れを残さないアフターケア(photo by Kalim/Fotolia)
■脚の疲れはこれで取る

旅行に行くと知らないうちに脚がパンパンになっている時ありませんか?

これは長い時間、立っていたり歩くことで太ももやふくらはぎの血行が悪くなりむくみが発生することで起きます。

疲れを取るには血行を良くしてあげることが大切。

例えば、1分~2分で良いのでアキレス腱を伸ばすストレッチをすることで血流の巡りが違ってきます。

また、片足で立ってもう片方の足をブルブル震わせるのもむくみを取る方法ですので試してみましょう。

■足の裏の痛みは湿布をペタリ

旅行に行って帰ってくると足の裏が熱くなってジンジン痛む場合も。

これは歩きや立っている時間が長いことで足の裏が熱をもっている状態です。

お風呂に入って体を清潔にした後に、足裏に冷感の湿布を貼りましょう。

ジンジンする痛みを緩和してくれます。眠る前に貼ると寝つきを良くしてグッスリ睡眠がとれますよ。

■お風呂はゆっくり長く入るのがポイント

お風呂で体の疲れをしっかり取る(Photo by Ariwasabi)
お風呂で体の疲れをしっかり取る(Photo by Ariwasabi)
お風呂は40度以上になってしまうと高温になり自律神経を乱す原因になってしまいます。

特に夜寝る前などは高温のお風呂に入らないように注意しましょう。

40度以下のお湯に15分以上かけてしっかり入浴することで睡眠を阻害しないばかりか、血行を促進し、代謝を良くしてくれます。

また発刊することで溜まった老廃物を外に流す効果もあるのです。

たくさん汗を流しデトックス効果を上げたいのなら、塩を入浴剤として入れましょう。

■乾燥対策は美顔器を使って!

旅行中の飛行機や新幹線などはどうしても乾燥しがち。

水分が少ない状態が続いていると肌がそれに慣れてしまうことに。帰ってきたら水分をきっちり補うようなケアをしましょう。

出来れば肌を乾燥させないために、潤いを補ってくれる加湿美顔器を使うのも良いかもしれません。

加湿することで肌を滑らかに整えてくれます。

旅行後の乾燥だけでなく日焼けケアとしても加湿は大事。

潤いを与えると日焼け跡を残しづらくしてくれますよ。毎日10分~15分くらいは使ってみましょう。

■オイル美容で疲れ知らずに

オイル美容という言葉があるように困った時や悩んだ時にオイルを使うのはおすすめです。

オイルには様々な種類があり、それぞれの長所を活かして使用することで疲れをとったり肌を回復させることが出来ます。

例えば、オリーブオイルは保湿力が高く、乾燥肌を改善する効果があります。

またオレイン酸が入っているおかげで酸化しにくいというメリットもあります。

旅行後のお疲れ肌にはオリーブオイルを使った洗顔料や石鹸で顔を洗うようにしてみてください。

肌のつっぱりを感じづらくなります。

人間の皮脂に近い成分としては馬油やホホバオイルもおすすめ。肌に馴染みやすく皮脂が少なくなって乾燥している肌を整えます。

入浴後に数滴を顔、体に塗るようにしましょう。

いつまでも疲れを引きずらない(photo by Boggy/Fotolia)
いつまでも疲れを引きずらない(photo by Boggy/Fotolia)
いかがでしょうか?

疲れている脚や肌をケアするにはこれらの方法がテキメン!ぜひ試してみてくださいね。(modelpress編集部)

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加