BTSジョングク「Seven」盗作論争にBIGHITがコメント


【モデルプレス=2023/08/22】BTS(ビーティーエス)の所属レーベルBIGHIT MUSICが22日、JUNG KOOK(ジョングク)のソロ曲「Seven」の盗作説に反論した。

JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
◆BTSジョングク「Seven」盗作説を完全否定

JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
BIGHITは主要韓国メディアに対し「ジョングクの『Seven』に関する著作権侵害の主張は事実ではない」と盗作の疑惑を否定。

「『Seven』は5人の海外作曲家が協業して作った曲で、一部で主張される24年前の国内アルバムに収録された曲とは全く無関係な創作物」だと説明した。

JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
JUNG KOOK(ジョングク)/Photo by Getty Images
また「盗作と判断する基準である、実質的類似性、依拠性など、どの基準にも合致しない一方的な主張に過ぎない」と付け加えた。

JUNG KOOK(ジョングク)(C)モデルプレス
JUNG KOOK(ジョングク)(C)モデルプレス
これに先立ち一部韓国メディアは、「Seven」とガールズグループ・Fin.K.L(ピンクル)が2000年に発表した「仮面の時間」の主なメロディーが類似していると疑惑を提起していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加